スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新中一に向けて

今日はウチに入学する新中一の「一日入学」がありました。


僕らも含めて去年までは、

一日入学の日に試験を受けて、その間保護者対象の説明会が行われていました。


今年からそれが無くなり、親子対象の説明会に。若干うらやま~

今年は特に新入生が多いのに、保護者までいると講堂がパンパン←

800人強?だったとか(苦笑



自分は、クイ研の副会長、顧問とともに部活動紹介の大トリを務めてきました♪

他の部はもちろん中学生が発表するワケですが、うちはまだ中学がいないので(汗

まぁでも身長的に……(泣


ウチの校長の話が長かったらしく(笑)、時間は結構おしぎみ…

まぁ待ってる間に、いろんな人と話せたので楽しかったんですけどね←


いよいよ部活動紹介。

運動部は普通だったけど…、文化部に入った瞬間どこも面白かったですw


特に、数研と園芸w どっちも中学生の話が上手過ぎて、がっつり新中一のハートを掴んでましたよ(笑


と言っても、やっぱり一番はウチかな←

今回はリハなど全く無く、前日に顧問からのメールだけ。

内容は、君たちは出題されたら、順番に早押しで答えてといったもの。 あとは任せなさい…的な(笑



で、にわかに聞いてはいたけど、やってくれましたよ。

出番が来て、皆さんの前に立つやいなや、





ニューヨークへ行きたいか~!

という、言葉に馴染みのあるお父さんお母さん方も多いのではないでしょうか?






と(笑)


すげ~。ウチの顧問ホントにやったよ~。

勿論、アメリカ横断ウルトラクイズの超有名なフレーズですが、

見た感じみんな驚いてましたね(笑)

隣に立ってた僕は特にw


その後も、さらさらと流れるように顧問の言葉が出てきて、会場を圧倒?笑


で、いよいよクイズ!

まぁ君たちなら答えられるの用意してるから安心しんさい、と言われながらも

問題を知らないので、結構緊張しながらボタンをセット。



結局自分は、きゃりーぱみゅぱみゅ、労働関係調整法、窓際のトットちゃん、を答えました。

答える順番は決まってましたが←

にしても、きゃりーぱみゅぱみゅ言いづらい!

クラスメートの、ぷー君は「ぱ」の瞬間に手を前に投げ出すと上手く言えるなどと言ってますが、実際どうなんだか(苦笑



まぁそんなことは、どうでもいいんですが

最後も上手く締め、なかなか気持ちよかったです!←


みなさんも楽しんでくれたようで、校長にも「チャパ君ありがとうね」って言われました^^



終わって講堂を出ると、笑いが止まんなくて←

思い返すと、上手くしゃべってた顧問がかなり緊張してたことにも笑えますが←



いや~楽しかったですね。

それもこれも、顧問のおかげなんですが←



自分も、もっと話し上手になりたいと思いました!








そして肝心の新入部員はどの程度入ってくれるでしょうか。


正直、先輩として中学生からクイズっ子を育てたいです。

やっぱり埼玉県内のクイ研の学校を考えると、どこも高校からのとこばかりです。

その点、大きなアドバンテージになると思います。


勿論、今年僕らは高校生クイズ全国大会に出場する予定ですが(本気

中学生部員が高校生になるときに、全国は確実なものになるでしょう。

それは、初代会長の僕が保証します!笑


そんなことを考えると、僕らの代が引退しても、まだまだウチの学校のクイ研が楽しみです♪




そのために、春になったら勧誘活動に本腰を入れなくては!



16人連動型のお高い(苦笑)早押し機も、そろそろ購入しようかという話になっているし、

あ~楽しみ楽しみ。









ではでは☆



スポンサーサイト
コメント

初めまして。いつもブログを見させて頂いていて、twitterでもフォローさせて頂いている者です。私の学校には、高校クイ研はあるのに中学クイ研はありません。現在、クイ研を作るべく孤軍奮闘しているところです。チャパさんの顧問の先生は理想のような先生ですね。ナナマルサンバツそのまんまじゃないですか。「漫画だからできるけどな・・・」と思ってましたが、実際にできるんですね。いつか戦えることを信じて私も頑張ります。小5から夢は高Q優勝です!

囲碁将棋部にもそろそろ力を入れたくなってきた今日この頃。

けどあの顧問じゃ、おいらが何かしたところで変わらないかな…。


部費はクイ研にドンドンあげてもいい。ただ部員が欲しい。対戦相手いつも一緒じゃつまらんからね。

部員1人と部費5000円交換でどう?(爆)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。