スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イス取りゲーム


※若干のネタバレ注意


というワケで、「LIARGAME-再生-」を友人と観てきました!

昨年からずっと観たかったので、ようやくといったかんんじです。


多くの出資者達が巨額の負債を抱えることになった、LGTファイナルから2年…

ファイナリストへの復讐のため再び立ち上がった事務局。





スカパー限定の前番組「フクナガvsヨコヤ(ダミーゲーム)」の一応続きからのスタートでした。
(スカパー入ってない)汗

深夜帯にやっていた前番組の「アリス・イン・ライアーゲーム」は観ていったので、芦田愛菜が事務局員に至る経緯は把握していましたが。




今回のLIARGAMEはイス取りゲーム。

原作ファンの間では人気が高いらしく、今までのゲームの中では最高難易度と言われるほど。

なので、大変興味深かったです。


ただ、イス取りゲームというより、投票がメインだったので少しそこは残念でした←


驚いたのが、新しくヒロインに迎えたシノハラユウ(多部未華子)が裏切りに走ったこと。

もしも、バカ正直なカンザキナオ(戸田恵梨香)ならありえなかったでしょう。


前半は淡々と進んでいったので、微妙かなと思いましたがかなりの急展開でした。

一度はアキヤマシンイチ(松田翔太)もピンチになりました。しかし…。




アキヤマのセリフは相変わらず格好良かったですね~。

(拍手)「優勝おめでとう。 だが…お前の負けだ。」とか(ネタバレすまん



まぁ、ゲームはLIARGAMEらしい終わり方でしたね(笑


会場への行きはオンボロトラックだっのに、

ゲーム終了後の帰りは、若干カラフルなバスにみんな仲良くっていう(笑



復讐劇を再び果たそうとする事務局員Ω(江角マキコ)のセリフ、

「人間に欲望がある限り、LIARGAMEは終わらない」がまた意味深でした。






今作も面白かったです。

やっぱりLIARGAMEの魅力というのは、観てる側もウソとかタネを見破りながら考えられる楽しさですね。


是非観てみてください♪




今度時間があれば、深夜ドラマ時代から振り返りたいと思います。






以上です☆


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。