スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

圧倒的な映像美


先日友達と2人で観てきた「おおかみこどもの雨と雪」の話を。



フランスで行われたワールドプレミアでも絶賛されていましたが、

非常に素晴らしい作品だと思います。



何といってもあの映像の美しさ!


細田守監督でしか作り得ないでしょう。

5秒間に438枚ものイラストを描いたなんてメイキングで言ってましたから←

特に今作では、自然を描いた部分が多かったので色がよく生えていました。

動く絵を見ているようで本当に見とれました。一つひとつが細やかで…3年サイクルがよくわかります。



そして僕が細田作品でもうひとつ好きなのが音楽!

サマーウォーズのサントラをウォークマンに入れて、未だに聞いていたり(笑

今作では穏やかで、スローテンポな曲が多かったです。

ピアノがストーリーと上手く絡み合い、得意のオーケストラで感動させられ←



そして、ストーリーもなかなか良かったです。

おおかみおとこの他界は予告の時点で知っていたので、そこからの展開が予想つかなかったですが、

子供の成長が2時間余りで描かれていて、かなり濃い内容でした。

最後はまだまだ続きが知りたい気がしましたが←




とま~、ベタ褒めです(笑

だって好きですもん、「時をかける少女」に「サマーウォーズ」、

そして今作「おおかみこどもの雨と雪」。

これぞ細田守三部作ですね~


ジブリ嫌いじゃないですが、ここまでくるとアンチジブリを取らざるを得ません←


2006年 時をかける少女
2009年 サマーウォーズ
2012年 おおかみこどもの雨と雪
このペースだと次は…2015年!

もう既に待ち遠しいです←

監督に期待してます(笑




良い話をしたので、上映早々ポップコーンをぶちまけた話はさておき(苦笑





映画のあとは花火観てきました!

合宿に続いてこの夏3回目。

小雨なのに相当な込みようで大変でしたが、こちらも美しかったです!


ベストショットが無かったので、写真は割愛。




高2の夏ですからさすがにもう遊べないでしょうか(汗

宿題終えて、やりたい勉強終えてからもっかいぐらい…うぐ…




ではまた!
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。